Blog
公式ブログ

Heart Meets Worldの活動内容や、ブログ記事を定期的に更新しています。

2020/02/13

【すぐに?もうすぐ?】

日本語の単語同士が似ているため一緒くたにしてしまい、
最終的に訳した英語もおかしくなる…という例もよくある。

その日本語も、よくよく考えると意味は違うのだが、
普段はそんなことは考えていないものだ。

常々書き続けているが、外来語を学ぶということは、
まずは母国語を正しく理解するところから始まる。

例えば…「もうすぐ」と「すぐ(に)」の二単語。

「もうすぐ」といえば、それまでの時間は短いにしても確実に未来の話である。
よって、意味合いとしては「後で・少し経ったら(何かが起こる)」。

よく使われる表現としては、”soon”・”before long”・”shortly”…などがあり、
未来形や希望を示す動詞と共に使われる。
・I would like to take a bath soon.
・They will be here before long.
・Shortly after dinner, we are thinking of starting the ceremony.

 

では、「すぐ(に)」とは、どういう言葉なのか。

これは、『今』という一瞬とほぼ隣接している次の瞬間に…
というイメージになる。

よく使われる表現としては、
“right away”・”right now”…など「今すぐ!」という切迫感のあるものと、
“in a minute・”in just a second”…など、待つべき時間が短いことを示唆し、
話している相手をなだめる意図を持つものとがある。

 

・Go to bed right now!
・I must call him right away.
・She will be here in a minute.

英語の語彙を覚えるためには、日本語の使い方もわかっていなくてはならないこともあるんですね。

ブログ一覧はこちら

Contact
お問合わせ

海外支援・コンサルティング、翻訳サービス、英語以外のお見積りも承ります。
なんでもお気軽にお問い合わせください。

TEL : 080-4171-8112
受付時間: 9:00~18:00