Blog
公式ブログ

Heart Meets Worldの活動内容や、ブログ記事を定期的に更新しています。

2020/01/21

【まとめる。】

英語で「まとめる」は何と言う?

まず、外国語の勉強は真に日本語を深く理解する機会だと痛感する。
なぜなら、英語に限らず、外国語に変換しにくい単語には複数の意味合いがあることを認識し、
その中でもどの意味で使われているかを逐一考えなくてはならないからだ。

そして、今回の「まとめる」にも複数の意味合いが存在する。

① 解決させる
② 取り決める
③ 集める
④ 整理整頓する

①の『解決させる』は、揉め事などを解決してまとめる…の意味になる。

・We need to settle this argument once and for all.

②の『取り決める』は、結論を出すことで事態をまとめる…の意味になる。交渉などもこれに当たる。

・I successfully closed the deal.
・They were able to bring the negotiation to a conclusion.

③の『集める』は文字通り、バラバラになっている状態の物を一ヶ所にまとめる…の意味。

・I will collect my documents.
・You should get your belongings together.
・Can I have some time to put my thoughts together?

④の『整理整頓する』においては、何を整理するかで使う動詞が変わる。

例えば…
書き散らしていた「論文をまとめる」…なら、complete。
「要点をまとめる」なら、summarize。
「状況を整理してまとめる」なら、organize。
「イベントなどを企画しまとめる」なら、coordinate。
「統一・統合を通じてまとめる」のであれば、consolidate や unite。

この他にも使える動詞や言い回しは、ある。
いかに日本語の意味が把握できていなければ、
英語に変換できないかがよくわかる単語ではないでしょうか。

ブログ一覧はこちら

Contact
お問合わせ

海外支援・コンサルティング、翻訳サービス、英語以外のお見積りも承ります。
なんでもお気軽にお問い合わせください。

TEL : 080-4171-8112
受付時間: 9:00~18:00