Blog
公式ブログ

Heart Meets Worldの活動内容や、ブログ記事を定期的に更新しています。

2020/01/14

【Past? Passed?】

綴りも用法も似ている上に、発音もほぼ同じ…と言うややこしい単語の組み合わせは、
まだまだある。

今回は “passed” と “past”。ネイティブでも間違えて使っていることは多々ある。

まず、”passed” は、”pass” の過去分詞なので「前進する」「進む(進み続ける)」など、
文字通り一点から別の点へと動くことを指す。

この時、「通り過ぎる」の意味を含むことが多いため、他の用語と間違えやすくなるのだ。

※ ちなみに、”pass” は時間や死など、状態の変化を指すこともある。

それに対して、”past” は、形容詞・名詞・前置詞、そして副詞でもある。
特に間違いやすいのは、副詞の用法だ。
副詞なので動詞とともに付き、何かを「超えた」状態に至っていることを指す。

正しい使い方かどうかを確認するためには、
“passed” の現在形 “pass” に置き換えられるか否か試してみるのが一番速い。

誤: I past my destination. (文中に動詞がない)
正: I passed my destination.
正: I walked past my destination.

誤: She ran passed me. (文中に動詞が二つある)
正: She ran past me.
正: She passed by me.

品詞の使い方をマスターすると使い分けが容易になるかも知れませんね。

ブログ一覧はこちら

Contact
お問合わせ

海外支援・コンサルティング、翻訳サービス、英語以外のお見積りも承ります。
なんでもお気軽にお問い合わせください。

TEL : 080-4171-8112
受付時間: 9:00~18:00