Blog
公式ブログ

Heart Meets Worldの活動内容や、ブログ記事を定期的に更新しています。

2018/07/19

曖昧。

日本人にとって、物事を時に曖昧に表現するのは文化である。
だが、欧米ではそのような文化がない。

そのため、言語を習得する際にもそんな文化の違いが壁となる。

 

例えば、これからの目標として「頑張ろうと思った」と言う場合。
日本人は、よく “I thought I will do my best.” などと言う。

だが、その文章はニュアンスとして
「全力を尽くそうとするのではないかと思った」などと、
非常に曖昧でややこしい文章になる。

実際の心情として、
全力を尽くすつもりがあるだけで終わるのか?

いや、思った当人は『頑張ろう』とハッキリ決意しているのではないだろうか。

その場合、英語では
“I will do my best!” と、ストレートに言わなければ、通じない。

 

同じように、「~したい」などの文章を
“I think I want …” としてしまうと、
「したいのか、したくないのか、どっちなんだ!?」と言われかねない。

何かの行動を起こしたいことが明らかなのであれば、
それを「思う」で曖昧にせず、
ストレートに「~したい!!」と表記しなければ、
その思いは伝わらない。

よって、この場合も “I think” が正しい意思疎通には邪魔になるのだ。

 

言語を学ぶ際の国民性や文化の違いは、難しいですね。

ブログ一覧はこちら

Contact
お問合わせ

海外支援・コンサルティング、翻訳サービス、英語以外のお見積りも承ります。
なんでもお気軽にお問い合わせください。

TEL : 080-4171-8112
受付時間: 9:00~18:00