Blog
公式ブログ

Heart Meets Worldの活動内容や、ブログ記事を定期的に更新しています。

2018/07/01

過去形? それとも…?

英語は例外の多い言語であるだけでなく、時に紛らわしい。

「見付ける」と言う意味の “to find” と言う動詞がある。
割とよく使われる単語なので、知っている人も多いだろう。

そして、この動詞の過去形は “found” だ。

 

ところが、”to found” と言う動詞もある。

上記の通り、”found” が “to find” の過去形だから…と考えてしまうと、
全く意味が通じないので注意したい。

この動詞は「設立・創立する」と言う意味である。
ちなみに、この動詞の過去形は “founded” となる。

 

前者を知っていて後者を知らない場合、
後者が出て来ても混乱を招くだけの曲者なのだ。
 

他にもある。

 

「横たわる」と言う意味の “to lie” と言う動詞がある。

この動詞の過去形は “lay” だ。
(ちなみに、この動詞は「嘘を吐く」と言う意味も持つ。その場合の過去形は “lied” である。)

 

ところが、「横たえる」と言う意味の動詞は “to lay” となる。

形が似ているどころか、意味まで似ているから非常にややこしい。
その場合の過去形は “laid” だ。

 

この “to lie (lay)” と “to lay (laid)” は形態だけでなく、
意味合いまで似ているので、
事実として知っていても暫くは混乱を招く可能性が高い。

イメージトレーニングで覚えることが推奨される。

 

皆様の翻訳者は、このような紛らわしい動詞を使い分けられていますか?

ブログ一覧はこちら

Contact
お問合わせ

海外支援・コンサルティング、翻訳サービス、英語以外のお見積りも承ります。
なんでもお気軽にお問い合わせください。

TEL : 080-4171-8112
受付時間: 9:00~18:00